×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トイプードルのサイズダウン歴史

ペットショップでとても人気のある犬がプードルです。
プードルの起源は不明なのですが、ギリシャ、モロッコ、ロシア、ポルトガルなどに分布していたようで、ドイツからフランスに渡り、フランスで人気出たことからフランス原産と言われるようになりました。プードルは体の大きさで、3種類に分類されスタンダード、ミニチュア、トイプードルと呼ばれています。
泳ぎが得意で水鳥猟における鳥猟犬として飼育されていたのがスタンダードプードルです。
フランスやイギリスで、ブリーダー達がスタンダードプードルを小型化することに熱しにした結果、ミニチュアやトイプードルが生まれました。
小型化された犬種で優秀な能力を発揮する犬は、プードル以外ほとんど生まれていません。
優れた嗅覚のミニチュアプードルは、トリュフ狩りの名手とフランスでは言われています。
多芸、多才なトイプードルは理解力に優れ, トレーニング性能が高いところが魅力的です。
我々を楽しませたり驚かせたりする知的な犬の芸は、プードルによるところが非常に大きいと言われています。
小型化のプードルの歴史は、ペット犬へと大きく変化してきました。

トイプードルの購入と価格

良いトイプードルを選ぶにはペットショップとブリーダーの二つの方法に分けることができます。
一番いい方法は、2カ月ぐらいから体型や目の形などが分かるようになりますので、生後2〜3カ月のトイプードルを選ぶのが良いのではないでしょうか。
いいペットショップや有能なブリーダーを見つける方法としては、ドッグカフェに行くのもいいようです。。
ドッグカフェでは、ペットショップの情報やブリーダーの情報は大変参考になります。
優秀なブリーダーさんを見つけることで、親犬とずっと一緒で、大切に育てられ、人もほかの犬も怖がることがないトイプードルに会うことができます。
トイプードルの性別は大切ですので、雄や雌の違いについてよく相談して選ぶようにしてください。
トイプードルをブリーダーから購入する場合、ペットショップやホームセンターのペット売り場より価格は高目になります。
ペットショップには、犬専門のペットショップや総合ペットショップがあります。
知識のある担当者がいて、スキルのあるペットショップは、きちんと対応してくれますが、不安感がある場合にはいろいろな質問を投げかけてみましょう。

トイプードルの飼い方と手入れ

トイプードルは耳がたれているので、ブリーダーから迎えた時点で、耳に異常が50%以上あると言われているほどで、外耳炎になりやすく、慢性的な外耳炎の犬が多くいます。
水遊びが好きなトイプードルなのですが、耳の穴に毛が生えるため、蒸れやすくなるのが外耳炎の原因です。
購入先のショップやブリーダさんに相談するか、獣医さんと対応を相談してください。
1週間に1度程度を目安に耳の洗浄を行ってください。フランス製の耳の洗浄液を獣医さんなどから購入できます。
トイプードルなどの小型犬は、骨折しやすく、ドアに挟まっただけで骨折する場合があります。
骨折を防ぐためには、高い所に昇れないよう工夫し、安全な場所を作ることが必要です。
フローリングで滑ることで、足腰に負担をかけ、年をとることで足が悪くなることがありますので、フローリングに滑り止めワックスなどを塗ることも大切です。
巻き毛のプードルは、毛玉ができやすく抜け毛がからまるので、毎日ブラッシングすることで、毛玉防止や抜け毛や汚れ、ほこりを除くことができるだけでなく、皮膚に刺激を与え血行がよくなり、皮膚病なども防ぐことができます。

Copyright © 2008 トイプードルの購入と飼い方